ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

Apple、意図的にiOS更新によって古いiPhoneの性能を落としていることが判明

   

IT速報 http://ift.tt/2z63tmg

「iPhone 6sのバッテリーを交換したら劣化した性能が回復した」という報告が大きな話題になったが、ベンチマークソフトGeekbenchが、この主張を裏付けると推測できる統計を明らかにした。Geekbenchによると、Appleは意図的にiOS更新によって性能を下げているという。

「iOSアップデートによって性能は低下するのか?」というiPhone 6/6sユーザーによる疑問に答えるために、ベンチマークソフトGeekbenchが、Geekbench 4で収集されたiPhone 6sとiPhone 7のiOSバージョン別のベンチマークスコアの統計を発表しています。

以下のグラフはiPhone 6sのiOS 10.2.0のGeekbench 4のスコアをカーネル密度推定によってグラフ化したもの。スコア2500弱に鋭いピークがあり、iPhone 6sのベンチマークスコアが2500前後で安定していることがわかります。

これに対して、iOS 10.2.1のiPhone 6sのスコアでは、「1000」「1400」「1700」「2200」に山が現れ始め、ベンチマークスコアにばらつきが生じ始めているのが確認できます。

iOS 11.2.0ではピークはより明確になり、5つの極大値を持つグラフが完成。つまり、iPhone 6sは5種類のCPU性能に分類されることが明らかになっています。

今回の結果から、iPhoneが古くなるにつれてベンチマークスコアが悪化する傾向にあるのがわかりました。そして、Redditで指摘されている、「iPhone 6sが予期せぬシャットダウンを起こすというバグは、バッテリー交換プログラムによっても修正できなかったため、AppleはCPU性能を意図的に落とすことでシャットダウンを防ごうとしている」という指摘と親和性を持つ結果だと言えそうです。
続きはソース元から
http://ift.tt/2kPNXWz

http://ift.tt/2kg1WoW

続きを読む

 - 未分類 ,

×