ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

ポケモンの「ポリゴンショック」から20年。当時ってそんなにヤバかったの?

   

IT速報 http://ift.tt/2BC689X
42

1997年の12月16日に起きた「ポリゴンショック」。あれから20年が経ち、改めて話題となっている。

同局が公開している資料によると、アニメを見た全国で700人以上の子どもたちが発作を起こし、救急車で運ばれる事態となったという。ただし、この数字には自宅に気分が悪くなった人などを含まないため、実際の数は定かではないが、視聴率16.5%から算出した場合、ポケモンの対象年齢である4~12歳の子どもたちのうち約345万人が見ていたと推定されるという。

テレビ東京は原因究明などを行うため、『ポケットモンスター』を98年4月まで放送中止に。連日のようにテレビや雑誌など多くのマスコミに取り上げられ、一部ではポケモンそのものへの中傷に発展をみせるなど報道が過熱していた。

調査の結果、原因は激しい光の点滅が多用されたことだとされた。特にピカチュウが敵のミサイルに向かって「10まんボルト」を放ち、赤と青が交互に激しく点滅した場面が顕著で、そうした演出によって、視聴した子どもたちの一部に、吐き気やめまいなどを引き起こす「光過敏性反応」が生じたという。この事件をきっかけに、現在ではお馴染みの「テレビを見るときは部屋を明るくして離れて見てね」といったテロップが流れるようになった。
http://ift.tt/2kNtZvr

続きを読む

 - 未分類 ,

×