ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

シャープ、売上高が前年同期比20%超の大幅増収。副社長「リーマンショック以前の水準に回復した」

   

IT速報 http://ift.tt/2gK45ae

シャープは、2018年3月期上期(2017年4~9月)の連結業績を発表した。

売上高は前年同期比21.3%増の1兆1151億円、営業利益は前年同期の500倍以上となる405億円となった。経常利益は前年同期の320億円の赤字から411億円の黒字に改善。当期純利益は前年同期の454億円の赤字から357億円の黒字となった。

シャープ 代表取締役兼副社長執行役員の野村勝明氏は、「売上高、各利益ともに、5月26日に公表した上期予想を上回った。とくにアドバンスディスプレイシステムを中心に、売上高は引き続き順調に推移しており、前年実績を20%上回る大幅な増収となった。各セグメントともに増収となっている。また各利益は、前年同期から改善し、順調に推移。すべての部門で黒字となった。四半期最終利益は、上期予想を大幅に上回り、リーマンショック以前の水準にまで回復した」と総括した。
続きはソース元から
http://ift.tt/2zSS7U5

続きを読む

 - 未分類 ,

×