ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

ソニー、 フルサイズミラーレス「α7R III」の発売を発表。37万円にして最強すぎると話題に

   

IT速報 http://ift.tt/2i427BR
27

ソニーは、高解像4240万画素、最高10コマ/秒 連写、高速・高精度AFを約657gの小型ボディに凝縮した、35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ『α7R III』を11月25日に発売すると発表した。価格は37万円。

本機は、35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor R®(エクスモアアール)を搭載し、有効約4240万画素ならではの解像力と、低感度時約15ストップ※4の広いダイナミックレンジや最高ISO32000(拡張102400)※5まで拡大した感度特性を備え、高い解像感と低ノイズ、広いダイナミックレンジを両立しています。また、α7シリーズとして初めて独自のAFシステム4Dフォーカス™に対応し、AF/AE※6追従 最高約10コマ/秒※1の高速連写を実現します。プロフェッショナルやハイアマチュアの高いレベルの撮影要求に応え、動きの感じられるポートレートをはじめ、精緻な風景描写や飛び立つ野鳥を捉えるなど、高画質・高速性能を生かして幅広いシーンでその威力を発揮します。また、プロフェッショナルの求める信頼性や操作性においても、十分に応えることのできるカメラです。

『α7R III』は、新世代のBIONZ XとフロントエンドLSIを採用することにより、イメージセンサーからの読出し速度は従来機比※3約2倍に、画像処理速度も従来機比※7約1.8倍に高速化し、α7Rシリーズの持つ解像力に、大幅に向上した高速性能を兼ね備えています。

また、イメージセンサーの裏面照射型構造と銅配線の特性を生かし、大量の位相差情報を高速に読み出すとともにBIONZ XとフロントエンドLSIで高速処理を実現。さらに進化したAFアルゴリズムを搭載することにより、動体追従性能も従来機比※3約2倍に向上、低輝度時のAF速度は最大2倍※3に高速化しています。瞳AF機能の追従性能も約2倍※3に向上し、広いAFエリアで被写体の動きにあわせて高精度にピントを合わせ続けます。メカシャッター時、サイレント撮影時※8、どちらにおいても最高約10コマ/秒※1のAF/AE※6追従高速連写が可能。さらに、世界最高※9 5.5段※10の補正効果のある光学式5軸ボディ内手ブレ補正機能、画素加算のない全画素読み出しによる高解像度4K動画※11の本体内記録とα™として初めて4K HDR(ハイダイナミックレンジ)※11に対応するなど、充実した静止画・動画撮影機能を小型ボディに凝縮しています。

http://ift.tt/2h5RSgD

続きを読む

 - 未分類 ,

×