ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

BBC「データ改ざん、燃費不正、不正会計…。日本企業に一体何が」

   

IT速報 http://ift.tt/2xLSde6

東芝、タカタ、神戸製鋼など、相次ぐ日本の不祥事。かつてはブランドとされていた「メイド・イン・ジャパン」の輝きが失われつつあり、世界中から疑問の声が上がっているという。

日本は長い間、誠実さ、確実な品質、製品の信頼性において輝ける手本となっていた。しかし神戸製鋼のデータ改ざんをめぐる不祥事が深刻化するにつれ、「メイド・イン・ジャパン」ブランドの輝きがさらに曇る可能性がある。

ここ6年ほどで不正や不祥事を認めた日本の大手企業は少なくとも6社に上っており、なぜこのようなことが起こり続けるのか、日本には制度的な問題があるのか、といった疑問の声が上がっている。

「手抜きという手段」
1990年代以降長期間にわたって続く経済成長の鈍化が、大きな要因となっていると専門家は指摘する。この鈍化により、日本企業はビジネス・モデルの変更を余儀なくされており、それがこのような問題を引き起こしているようなのだ。

「大企業はかつて、安定的で予測可能な成長市場に身を置いていた。しかし状況が変わり、一部の企業は手抜きという手段に訴えた可能性がある」と指摘するのは、都内に拠点を置く独立系リサーチ会社ジャパン・マクロ・アドバイザーズの社長でチーフ・エコノミストの大久保琢史氏だ。

20年前まで、日本企業は成長戦略に注力していた。しかし日本では、これほど力強い経済成長はもはや望めないと気づいたことで、企業は再建、経費削減、極限までの合理化を進めざるを得なかった。

不正行為の発見
神戸製鋼でのデータ改ざんの前には、日産自動車と三菱自動車による燃費不正問題や、欠陥エアバッグで6月に民事再生法の適用を申請した自動車部品メーカーのタカタなどの不祥事が相次いでいた。タカタは死者16人と多数の負傷者を出し、世界規模でのリコールとなった。

わずか2週間前には、無資格の従業員が完成検査を行っていたとして日産自動車が自動車120万台のリコールを発表したばかりだ。

さらに、エレクトロニクス大手の東芝は、利益の水増しという不正会計問題で今でも揺れている…

続きはソース元で
http://ift.tt/2zezFV1

続きを読む

 - 未分類 ,

×