ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

ソニー、コミュニケーションロボット「Xperia Hello! 」を発表。価格は15万円

   

IT速報 http://ift.tt/2zvxM7t
no title

ソニーモバイルは、コミュニケーションロボット『Xperia Hello! (エクスペリア ハロー) G1209』を11月18日発売すると発表した。価格は15万円。

本商品は、自宅にいる家族に連絡したり伝言を残すことができるほか、外出先からスマートフォンで連絡をすると、リビングなどの様子を撮影して状況をお知らせできます。また日々の生活に必要なニュースや情報などを、家族一人ひとりに向けて能動的に話しかけます。加えて、家族との会話の中で「嬉しい」、「すねる」などの感情を、本体上部に設けた目の役割を果たすランプと本体の動きで可愛らしく表現します。Xperia Hello! は、あたかも?家族の一員”のように、家庭内での会話を促したり、家族を見守る安心感や生活情報を提供するなど、日々の暮らしをアシストします。

peria Hello! は、ソニーが有するロボティクス技術を、センサーと連動して対話機能を実現するソニーエージェントテクノロジー(*2)と組み合わせることで、能動的に周囲の状況を認識し、自ら動いて話します。本体下部には人感センサーを4つ備え、半径約3メートルにおける人の接近を検知し、登録した家族(*3)の顔を本体上部のカメラで認識すると、その人に合わせた情報を能動的に伝えます。また、マイクを7つ搭載しているため、話しかけた人のほうに本体(カラダ)正面を向けるように回転して会話をしたり、目の動きと組み合わせた豊かな表現力を備えるなど、コミュニケーションのしやすさ、?家族の一員”として愛着のわく可愛らしさにも工夫を凝らしています。

本商品は、Skypeの通話機能やビデオ伝言、LINE(*4)を使ったメッセージの送受信機能を搭載(*5)。家族とチャットや通話ができ、預けた伝言も適切なタイミングで、伝えるべき相手を認識して知らせることが可能です。さらに、記念日や誕生日など大切なイベントの日を記憶させて通知することで家庭内の会話を促します。

また、家庭内の見守り機能では、外出先からLINEで本商品に連絡すると、リビングなどの様子を撮影し、画像を手持ちのスマートフォンなどへ送付します。Xperia Hello! が家にいる家族の顔を認識した時間も確認できます。

加えて、日々の生活に必要なニュースや交通情報、天気予報、伝言などの各種情報を、家族一人ひとりを認識して能動的に発話し、知らせることも可能です。

今後もソニーモバイルは、よりパーソナライズされ、高い知能と機能を備えたXperiaスマートプロダクトを開発し、これまでにない人とモノとの新たなコミュニケーションを創造することで、さらに便利な生活と、ライフスタイルを提案します。
http://ift.tt/2yucxoi

続きを読む

 - 未分類 ,

×