ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

10月の開発言語ランキングが公開。SwiftとJavaが減少しJavaScript増加

   

IT速報 http://ift.tt/2hWHlYI

TIOBE Softwareから、2017年10月のTIOBE Programming Community Index (PCI)が公開された。SwiftとJavaが下落しJavaScriptの増加傾向が見られるという。

TIOBE PCIは、複数の検索エンジンの検索結果から、対象となるプログラミング言語がどれだけ話題になっているかをインデックス化したもの。

2017年10月におけるインデックスは次のとおり。

順位 プログラミング言語 インデックス値 推移
1 Java 12.431% ↓
2 C 8.374% ↓
3 C++ 5.007% ↓
4 C# 3.858% ↓
5 Python 3.803% ↑
6 JavaScript 3.010% ↑
7 PHP 2.790% ↑
8 Visual Basic .NET 2.735% ↑
9 Assembly language 2.374% ↑
10 Ruby 2.324% ↑
11 Delphi/Object Pascal 2.180% ↑
12 Perl 1.963% ↓
13 MATLAB 1.880% ↑
14 Scratch 1.819% ↑
15 R 1.684% ↓
16 Swift 1.668% ↓
17 Objective-C 1.513% ↓
18 Visual Basic 1.420% ↓
19 PL/SQL 1.408% ↓
20 Go 1.357% ↓

2017年に入ってから、プログラミング言語「Swift」は2.3%のレーティング値を付けてトップ10入りしたものの、その後だんだんとポイントを下げて今回は16位につけた。SwiftとともにJavaも下落傾向にあるが、Tiobe SoftwareではこうしたSwiftとJavaの衰退の理由を、モバイルアプリの開発が個々のプログラミング言語を直接使うスタイルではなく、同時にiOSとAndroid向けのアプリを開発できるフレームワークに移っている点にあると指摘している。

続きはソース元から
http://ift.tt/2fTAhb5

続きを読む

 - 未分類 ,

×