ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

エントリー向けなのに高性能なDAP「AK70 MKII」が発売へ。

   

IT速報 http://ift.tt/2xzmCja
14

アユートは、Astell&KernブランドのAK70 MKIIを発表した。10月14日発売、価格は79,980円。

Astell&Kernのラインアップ中、最もエントリー向けに位置するモデルでありながら、上位モデルに差し迫る機能・性能により、世界的な評価を得るに至ったハイレゾ対応ポータブルオーディオプレーヤー AK70。このハイコストパフォーマンスモデルの発売から現在にかけて、Astell&Kernが開発した最も重要な製品といえば、最新のフラッグシップモデル「A&ultima SP1000」と言えますが、今回Astell&Kern は、AK70をMKII化するにあたり、このポータブルオーディオリスニングのクオリティを一気に引き上げた“A&ultima SP1000”と同様の進化を遂げるべく、SP1000の開発思想をとりいれる事を選択。SP1000の回路設計の中でも大きな特徴の一つである「バランス再生時の高出力化と低歪・高S/Nの両立」を取り入れることで、アンプ部の強化を図りました。

さらに、そのコストパフォーマンスの高さから、市場より多くの要望があったAK70のデュアルDAC化も今回のMKII化にあたり採用を決定。このシーラス・ロジック製「CS4398」のデュアルDAC構成を取り入れる事は、第二世代AKシリーズのフラッグシップモデル“AK240”の特徴を受け継ぐことも意味します。

・・・アンプ部の強化とデュアルDAC化。それは新旧フラッグシップの魅力を併せ持つ、もはやエントリーを超えたプレミアムモデル。それがAK70 MKIIです

主な特徴
・A&ultima SP1000の設計思想を踏襲、高出力化を果しながら低歪・高S/Nを実現
・AK240と同様の、シーラス・ロジック製「CS4398」によるデュアルDAC構成
・PCM最大384kHz/32bit、DSD128(5.6MHz/1bit)の再生に対応
・通常のヘッドホン端子に加え、バランス出力端子を搭載(2.5mm/4極)
・DLNAネットワーク機能「AK Connect」搭載。ストリーミング再生やスマホからの遠隔操作などにも対応。
・プレーヤー本体から直接楽曲を購入できる、ストア機能搭載
・USB AUDIOデジタル出力をサポート。DSDファイルはDoPでの伝送にも対応
・PCと接続してUSB DACとして使用可能
・Bluetooth ver.4.0搭載、aptx HD対応
・本体に直接CDをリッピングできるAK CD RIPPER/AK CD RIPPER MKII接続対応
http://ift.tt/2xzmEaM

続きを読む

 - 未分類 ,

×