ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

「Made in China」が高品質の代名詞になるのはいつだろうか

   

IT速報 http://ift.tt/1U3CcDW

中国が「製造大国だが品質小国」という思わしくない局面を転換させるには、メードインチャイナの消費財の「品質革命」が必要だ。

手を付けやすいところから始めて徐々に難しいところへ進んでいくという時間的な余裕はまったくなく、ただちに要衝を攻略しなければならない。「上海証券報」が伝えた。

国務院はこのほど開催した常務会議で、消費財工業が種類を増やし、品質を高め、ブランドを樹立し、国民の消費のバージョンアップした要求によりよく応えることを促進する計画をうち出した。そして、この会議を伝えるニュースの中で「品質革命」という表現が始めて使用され、今後の業務の基調を示したことに世論の注目が集まった。

投資と消費と輸出を国民経済の成長を牽引する「トロイカ」にたとえるのは、経済成長の原理を最も活き活きしたイメージで語ったものといえる。

国民の消費の増加とバージョンアップにともなってやってくるのは、消費の概念とモデルの大きな変化だ。現在、中国国民の消費には現代型消費が備えるいくつかの目立った特徴がみられる。

まず消費構造が徐々に最適化されている。全体として言えるのは、都市部・農村部住民の消費はこれまでの「温飽型消費」(最低限の衣食住の必要を満たすための消費)から「小康型消費」(ややゆとりのある生活を送るための消費)へと発展していることだ。

以下ソース
http://ift.tt/1WFVN3o

続きを読む

 - 未分類 ,

×