ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

米小売業界、Amazonのせいでパニック状態。大量の店舗を閉鎖に追い込んでしまう

   

IT速報 http://ift.tt/2wjP58H

米国の小売業界をインターネット通販最大手アマゾン・ドット・コムが席巻したことにより、実店舗を展開する百貨店から衣料・生鮮食品店までが相次いで苦境に陥っているという。

買い物をネットで済ます消費者が増えているためで、「アマゾン1強」の様相を呈し始めた。急激な変化に業界からは「パニック状態」との悲鳴も上がる。

「健康に良いオーガニック食品をすべての人の手に届く価格にする」。アマゾンは137億ドル(約1兆4800億円)で買収した自然食品スーパー大手ホールフーズ・マーケットで先月28日からバナナやアボカド、サケなど生鮮食品の値下げを実施。ネットと実店舗の融合を目指すアマゾンが仕掛けた「価格戦争」に、スーパー業界に戦慄(せんりつ)が走った。

食品スーパー最大手クローガーのマクマレン最高経営責任者(CEO)は「消費者の行動がこれまでになく劇的に変化している」と警戒を強めた。8日発表した四半期決算は8%減益。同社の株価は年初から約4割下落している。

調査会社カウエンによると、2017年のアマゾンの衣料品売上高は280億ドルに達し、百貨店メーシーズを抜いて全米1位となるという。カジュアル衣料品では、アメリカンアパレルやエアロポステールなどが相次ぎ破綻し、ギャップは6日、約200店の閉鎖…
続きはソース元で
http://ift.tt/2wRmFat

続きを読む

 - 未分類 ,

×