ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

プリンターメーカー各社、インク商法に見切り「もうインクカートリッジに頼らない」

   

IT速報 http://ift.tt/2wel3CY
50

従来のインク商法をやめ、インクのランニングコストを低く抑えた、新型のインクジェットプリンターが、各社から登場している。

先駆けはセイコーエプソン。2016年1月に「エコタンク搭載モデル」「Colorio V-edition」と呼ぶ新たな製品シリーズを打ち出し、以降も精力的にラインアップを強化している。競合メーカーでは2016年8月にブラザー工業が、低インクコストをうたう「DCP-J983N」を発売。キヤノンも2017年9月に、低インクコストの「PIXUS XK」シリーズを投入する。

インクコストを低く抑えるということはメーカーにとって、従来型なら追加で購入されるインクカートリッジで得られた利益が減るということにほかならない。そこで、減るとみられる利益をあらかじめ回収するために、新型プリンターは本体価格が高めに設定されている。

ユーザーにとっては初期投資こそ従来より大きくなるが、維持コストが抑えられる。このため、印刷枚数が多いユーザーほどトータルでのコストは有利になるはずだ。
http://ift.tt/2j4nGWX

続きを読む

 - 未分類 ,

×