ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

世界初の家庭向け8Kテレビ、中国と日本で販売へ。普及の起爆剤になるか

   

IT速報 http://ift.tt/2vNIoeR

ハイビジョンの16倍という極めて鮮明な画質を持つ「8K」の家庭向けのテレビが、ことし10月に中国で、国内では12月に発売されるという。

「8K」はハイビジョンの16倍、「4K」の4倍と画質が極めて鮮明で、画面に目を近づけてもドットがわからないほどの臨場感や立体感が特徴です。

電機メーカーのシャープは8Kのモニターをテレビ局や映像制作会社など事業者向けに販売していますが、新たに家庭向けの液晶テレビを、まずことし10月に中国で、国内では12月に発売すると発表しました。

家庭向けの8Kテレビの販売は世界で初めてだということで、画面の大きさは70インチ、日本での販売価格は100万円前後になるということです。

シャープの西山博一取締役は「最高のものをいち早くお示しして8Kが広がる起爆剤になることを期待している。8Kを医療などの分野にも活用して産業の発展につなげたい」と話しています。

8Kの放送は来年12月にNHKのBSで始まり、東京オリンピック・パラリンピックが開かれる2020年には家庭でも広く楽しめるよう普及が期待されています。

http://ift.tt/2wrllIu

続きを読む

 - 未分類 ,

×