ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

日本の家電メーカーが韓国、中国企業に勝てない理由「画期的な製品が全く出てこない」

   

IT速報 http://ift.tt/29Adr4J

今や日本の家電メーカーはどこも業績不振にあえいでいる。経営コンサルタントの大前研一氏が、なぜ日本の家電メーカーが凋落したのかについて解説する。

台湾の鴻海(ホンハイ)「精密工業に買収されたシャープは人材流出が続き、不正会計問題で巨大損失を出した東芝は事業売却を強いられている。ソニーとパナソニックは復調したというが、不振事業から撤退したり赤字部門を切り離したりしているだけで、明確な成長戦略があるわけではない。

実際、パナソニックは5月末、テレビ用液晶パネルの生産から撤退する方針を明らかにした。2010年に稼働を始めた姫路工場での生産を9月末をメドに終了するという。本来、工場というものは20~30年にわたって生産を続けるのが常識だ。ところが、パナソニックの姫路工場は6年しかもたなかった。なぜ、こんなことになるのか?

家電メーカーが製品を開発するための機械や部品や材料を作った協力企業が、日本の家電メーカーだけではボリュームが小さいため、それらを韓国企業や中国企業に売ってしまうからである。しかも、韓国企業や中国企業の工場に対する投資額は、日本企業のそれをはるかに凌駕している。

(中略)

工業製品はボリュームが大きくなればなるほどコストが下がって価格を安くできる。そして、デジタル製品は性能の差があまり目立たない。だから中国や東南アジアではブランドの知名度にかかわらず、価格が安ければ安いほど売れる。となれば、ボリュームが10~50倍もある韓国勢や中国勢に日本勢が太刀打ちできなくなるのは当たり前だろう。

今や日本の家電メーカーは、いわば韓国勢や中国勢の開発研究所になっているわけで、ボリューム勝負の彼らと競争するには、スイスの高級時計のように値段が取れる付加価値の高いものを作るしかない。

たとえば、イギリスのダイソンのサイクロン掃除機、羽根のない扇風機や空気清浄機能付きファンのような製品である。しかし、今のところ日本の家電メーカーからそういう画期的な製品は、いっこうに出てこない。
http://ift.tt/29GMQ6U

続きを読む

 - 未分類 ,

×