ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

「2020年代には人月商売の市場は半減する」とSIer経営幹部が予想。大量失業の時代へ

   

IT速報 http://ift.tt/2u8BBhS
みかか

人月商売のIT業界では、2020年代に半数以上の技術者が失業する可能性があるという。

SIerの経営幹部の間では、今やこの予測は“常識”となりつつある。「SIerの経営幹部からそんな話を聞いたことがないぞ」と不審に思う読者がいるかもしれない。もちろん、彼らがそんな危ない話をするわけがない。下請けITベンダーに告げることなく、自社の生き残りに向け手を打ち始めている。

そんな危ない話をするわけがないと書いたが、実は別の言い方なら、SIerの経営幹部も結構話している。「2020年代には既存のSI市場が半分に縮小するだろう」といった危機感の吐露を聞いたことのある読者は結構いると思う。実際、大手か否かを問わず、ユーザー企業に直接営業し、システム開発を請け負っているSIerなら、誰もが「今の活況が終われば次は無い」と考えているのだ。

この「2020年代に既存のSI市場が半分に縮小」というのは、SIerの経営幹部にほぼ共通する見立てだ。この場合のSI市場とは、システム開発だけでなく、その後のシステム運用保守の受託市場も含む。もちろん「半分」と言っている以上、厳密な予測ではなくザックリしたものだが、実際に市場が5年、10年で半分に縮小したら多くの企業で経営が成り立たなくなる。それぐらい強い危機感があるわけだ。

以下ソース
http://ift.tt/2t8Ma1K

続きを読む

 - 未分類 ,

×