ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

サムスン、ライバルiPhoneが売れても儲かる無敵状態に突入

   

IT速報 http://ift.tt/2umAoVR
サムスン

サムスンが過去最高の営業利益を達成しようとしている 。iPhone8の登場により、サムスンが転覆するとも言われているが、これは大きな間違いだという。

7月7日、サムスンは2017年4-6月期(第2四半期)の暫定決算を発表。営業利益は前年同期比72%増の14兆ウォン(約1兆3700億円)に上る見通し。一方、アップルが来月発表する4-6月期決算の営業利益は106億ドル(約1兆2000億円)と見込まれており、サムスンの営業利益はアップルを約1700億円上回ることになる。

サムスンの業績好調の主要因は半導体事業で、同社の営業利益の6割を稼ぎ出したと見られている。また、新モデルGalaxy S8の成功も一定の寄与を果たしたようだ。

このニュースを聞いた一部のアップルファンの間からは「年内に発売されるiPhone 8で、再びアップルが反撃に出るはずだ」との見方も浮上している。

しかし、仮にiPhone 8が好調なセールスを記録した場合、それはサムスンの営業利益をさらに増大させる結果につながる。何故ならiPhone 8に搭載されるOLEDパネルはサムスンの製品だからだ。iPhone 8が売れれば売れるほど、それはサムスンの利益を増やすことにつながる。

アップル側としてはもちろん、スマホ事業で競合するサムスンを利する結果を招きたくはない。しかし、OLEDディスプレイの製造分野では事実上、サムスンの一強状態にあり、アップルはサムスンに頼らざるを得ないのが現実なのだ。

OLEDディスプレイの製造分野でサムスンに対抗しうる唯一のメーカーは、サムスンと同じ韓国企業のLGだ。テック業界の一部からは「アップルがLGとパートナーシップを結び、iPhone向けのOLEDディスプレイを製造させようとしている」との噂が盛んに浮上している…
続きはソース元で
http://ift.tt/2t3OfQx

続きを読む

 - 未分類 ,

×