ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

任天堂、課金堂に「マリオランより課金制のファイアーエムブレムのが売れた。今後は買い切り型モデル以外を増やしたい」

   

IT速報 http://ift.tt/2sEd8gp
03

任天堂の君島達己社長は、同社アプリの課金モデルについて語った。買い切り型のスーパーマリオランよりもガチャゲーのFEHが上回ったことをうけ、今後は買い切り型モデルに固執しないという。

「単に買い切り型モデルだけでなく、それ以外の要素も含めてより多くのユーザーに遊んでもらえる方法を考えていきたい」──任天堂の君島達己社長はこのほど、同社株主総会で、スマートフォンゲームの課金モデルについて考えを明らかにした。

任天堂は2016年夏に「Pokemon GO」、同年末に「スーパーマリオラン」(iOS版)、17年2月に「ファイアーエムブレム ヒーローズ」(FEH)と、課金モデルが異なるアプリを相次いで投入。Pokemon GOはアイテム買い切り型、スーパーマリオランはアプリ買い切り型、FEHはいわゆる「ガチャ」(ランダム型アイテム提供方式)を採用している。

同社によれば、スーパーマリオランのダウンロード数は全世界で1億5000万以上だが、課金したユーザーは全体の10%未満だった。一方、FEHは、スーパーマリオランと比べると、ダウンロード数は10分の1未満だが、課金総額は上回っているという。

君島社長は「世界中にマリオを遊びたいユーザーがいるが、経済環境など各国の状況は異なり、課金しないユーザーもいる」と要因を分析。「今後は、単に買い切り型モデルだけでなく、それ以外の要素も含めてより多くのユーザーに遊んでもらえる方法を考えていきたい」と話す。
http://ift.tt/2t8Ddbj

続きを読む

 - 未分類 ,

×