ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

ドワンゴ川上量生「AI時代到来、プログラマーが人類最後の職業になる」

   

IT速報 http://ift.tt/2t1coDH
川上量生

AI時代の到来で人間の職が奪われると危惧されている件について、カドカワ株式会社代表取締役社長の川上量生氏が解説した週刊文春の記事が話題。曰く「プログラマーが人類最後の職業になる」という。

プログラマーが“人類最後の職業”に
私はコンピューターのプログラミングを義務教育に取り入れるべきだと考えています。それは、プログラマーが〝人類最後の職業〟になりうるからです。プログラミングをマスターしていれば、世界中どこに行っても食いっぱぐれることはないという「実益」が第一の理由です。

進駐軍の時代なら、英語ができる人間は、より有利にビジネスを進めることができました。今の時代であれば、プログラミング言語ができて有利になる世界のほうが広いでしょう。

人工知能はどんどん進化しています。恐らく世の中にある仕事のほとんどが今後、人工知能でカバーできるようになるでしょう。それはかつて手工業で作っていた品々を機械が作るようになったのと同じようなものです。従来は機械化が難しいと思われていた熟練した職人のノウハウも人工知能が得意なものとして置き換わっていくでしょう。官僚が行っている仕事や医者による病気の診断なども人工知能がとってかわる可能性が高いです。

究極的には人間の仕事は儀礼的なものしか残らなくなる可能性があります。ただし、過渡期においては、人間の仕事を肩代わりしてくれる人工知能に指示を出す人間が必要になります。それがプログラマーです。ですから、プログラミングは人間がおこなう最後まで残る仕事のひとつになるでしょう。

詳細はソース元でお願いします
http://ift.tt/2sZyhDk

続きを読む

 - 未分類 ,

×