ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

インテル、「Thunderbolt 3」をロイヤリティーフリーに。次期CPUにも統合へ

   

IT速報 http://ift.tt/2rY2W2J
no title

Intelは、同社プロセッサにThunderbolt 3のサポートを直接組み込むとともにロイヤリティフリーにする計画を発表した。

PCメーカーは、追加コストなしで同技術を利用できるようになる。現時点では、Thunderboltチップを単体でIntelから購入する必要がある。AppleやMicrosoftが今回の発表に色めき立つのも無理はない。

昔ながらのUSBポートの代わりになぜわざわざThunderboltを採用するのかというと、USBの転送速度が最大でも10Gbpsであるのに対し、Thunderboltは40Gbpsでのデータ転送が可能で、それによってさまざまな処理が可能となるからだ。

Thunderboltが有効となるハイエンドPCのタスクとしては、複数の4Kモニタを使用する場合や、外部ビデオカードを差し込んでノートPCをハイエンドゲーム機として使用する場合、大容量の動画や写真ファイルを外部ドライブに転送する場合、ネットワーク、ビデオ、電源、USBの各ポートを装備するドッキングステーションを接続する場合、ユーザーの頭の動きに応じて瞬時に映像を更新する必要のある仮想現実(VR)ヘッドセットを接続する場合などが挙げられる…

続きはソース元で
http://ift.tt/2qhETeJ

続きを読む

 - 未分類 ,

×