ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

iPhoneの有機EL化で日本の部材メーカーが明るい一方、JDIだけがお先真っ暗に

   

IT速報 http://ift.tt/2qGtyaJ
22

米アップルが今年秋にも発売するiPhoneの新モデルで、初めて有機ELパネルを採用する。これにより、液晶時代から有機EL時代への切り替えに成功した住友化学や日東電工、東レが明るい一方、JDIが窮地に追い込まれているという。

中略

液晶から有機ELの流れを捉え、着実に手を打つ部材メーカーがある一方で、大打撃を受けているのが中小型パネルに特化するジャパンディスプレイ(JDI)だ。

同社は17年3月期に317億円の最終赤字を計上した。18年3月期は通期の見通しを公表していないが、17年4~6月期に150億円の営業赤字を見込み、「第2四半期も引き続き厳しい」(有賀修二社長)状況。これまでは売り上げの5割をアップル向けが占めていたが、次期iPhoneでは受注を大幅に減らしたと見られている。

「想定より有機EL化が早く進んだ」。決算説明会で有賀社長はこう述べた。次期iPhoneのハイエンドモデルで採用されると見込まれている有機ELパネルは、実用化で先行した韓国のサムスン電子と、LGディスプレーが供給する見通しとなった。

JDIも有機ELの開発を進めている。今夏には千葉県茂原市の工場内にパイロットラインがようやく完成するものの、調整を経て量産は「早くても18年以降」(有賀社長)。それも、アップルに供給できる生産規模ではないため、少なくとも19年まで、iPhone向けの有機ELパネルを販売できる体制は整わない。

JDIは4辺の額縁が数ミリメートルで、曲げられる液晶パネル「フルアクティブフレックス」を開発。今年の冬、18年モデル向けにアップルに売り込んでいた。フルアクティブフレックスであれば画面を曲げられるため、デザイン性を高められる。有賀社長は「半年早ければ採用されたかもしれない」と悔やむが、後の祭りだ。

詳細はソース元で
http://ift.tt/2r6g9tR

続きを読む

 - 未分類 ,

×