ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

Astell&Kern、世界最高峰のDAP「A&ultima SP1000」を発表。価格は40万円

   

IT速報 http://ift.tt/2pFbej4

アユートは、「Astell&Kern」の新フラッグシップモデル「A&ultima(エー・アンド・ウルティマ) SP1000」を発表した。価格は$3,499(税抜)。日本での発売日、価格は未定。アユート税が若干乗って40万〜50万あたりになることが予想される。

「A&ultima SP1000」は、Astell&Kern初の試みとして、“世界最高峰のハイエンドポータブルプレーヤー”をコンセプトとしたプロダクトライン「A&ultima」を設定し、その名称を製品名に冠した、新フラッグシップモデルです。新たな究極を具現化するためにコンセプトを明確にし、真のハイエンドポータブルプレーヤーとして、現在Astell&Kernの持てる技術を全て投入。一からの再設計を実施しました。

旭化成エレクトロニクス社の最新DACチップ「AK4497EQ」をデュアル構成で搭載し、DSD256、384kHz/32bitのネイティブ再生に対応。超低ジッター200Fsを実現するVXCOクロックの搭載や、高出力化を果たしながらさらなる低歪・低ノイズを実現した回路設計は、かつて無いハイエンドサウンドを実現。さらにオクタコアCPUの採用により、一切の妥協を排したデジタルオーディオ再生処理と、優れた応答パフォーマンスを実現します。5インチの高解像度ディスプレイから操作する新しいGUIや、高速データ転送・高速充電対応など、操作性においても格段の進化を遂げています。

そしてA&ultima SP1000は、ボディ素材が異なるStainless SteelモデルとCopperモデルの2モデルを用意。まさに“世界最高峰のハイエンドポータブルプレーヤー”に相応しい、新たなるフラッグシップモデルの登場です。

主な特徴
・新プロダクトライン「A&ultima」を品名に冠した、新たなフラッグシップモデル

・旭化成エレクトロニクス最新型DAC「AK4497EQ」を、デュアルDAC構成で搭載

・優れた処理能力と反応速度を実現するOcta Core CPU搭載

・PCM 384kHz/32bit、DSD256(11.2MHz/1bit)のネイティブ再生

・超低ジッター200Fsを実現。VCXO Clock(電圧制御水晶発振器)搭載

・高出力化を果たしながら低歪・低ノイズを実現する新設計アンプ回路

・ベゼルレス設計の高解像度HD 5インチディスプレイ

・より直感的な操作を可能にする新GUI

・USB3.0(Type-C)採用により、高速データ転送に対応

・高速充電に対応。約2時間の充電で、最大約12時間の連続再生が可能
*FLAC(96kHz/24bit)ファイルを、ローゲイン設定で50%の音量で再生時の場合

・新開発のマルチファンクション・ホイールキーを採用

・2.5mm/4極バランス出力搭載

・DLNAネットワーク機能「AK Connect」搭載

・より高度な音質調整を可能にする Parametric EQ機能搭載

・Stainless steelモデルとCopperモデルを用意

43

53

http://ift.tt/2qqCT4J

続きを読む

 - 未分類 ,

×