ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

自動運転市場で存在感なき日本IT。どうしてこうなった…

   

IT速報 http://ift.tt/2pCaQBX

米国や中国のIT企業が続々と自動運転ビジネスに参入するなか、日本企業は存在感がないという。

米グーグル、米アップル、米エヌビディア、米インテル、中国百度(Baidu)…元々は自動車業界と縁のなかった大手IT企業が、続々と自動運転ビジネスに参入している。

なかでも、自動運転を実現するソフトウエアやハードウエアを組み合わせたプラットフォームの開発競争がヒートアップしている。いずれのIT企業も、自社の得意分野を生かしながら様々な企業と提携・協業し、先進技術の粋を集めた「自動運転プラットフォーム」の開発を狙う。自動運転プラットフォームを構築できれば、将来性の高い自動運転の世界でのビジネス拡大が見込めるからだ。

これまでの自動車業界は、車台とエンジンを内製する自動車メーカーを頂点とする垂直統合モデルが支配的だった。これが自動運転の時代には、PCにおける「ウィンテル連合」のように、優れたプラットフォームを広く提供する企業が勝者となる可能性が高い。

自動運転に取り組むIT企業のなかでも、注目すべきは自動運転プラットフォームを開発する企業だ。

中略

現時点で日本企業の中に、世界に通用する有力な技術プラットフォームを提供する企業は登場していない。

そのなかでディー・エヌ・エー(DeNA)は、自治体などと連携して自動運転の走行実験を進めており…
続きはソース元で
http://ift.tt/2pzqMVF

続きを読む

 - 未分類 ,

×