ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

VR需要で「GeForce GTX 1070」が激売れ。割高感のない価格に指名買い

   

IT速報 http://ift.tt/2ptsDWY
21

秋葉原のパソコンショップ アークには、VR環境を構築するためにハイスペックなPCパーツを買いに来る人が多いという。

訪れる人は消費者だけでなく開発者も含まれるという。フロアマネージャーを務める渋谷義寛氏は「スマホやコンソール(家庭用ゲーム機)と比べても、PCでのVRは数段上の臨場感が味わえるので、体験したうえで構築を検討する人はたくさんいらっしゃいますね。VRは、いまのところゲームの用途が中心ですが、今後はビジネス向けなどシーンやニーズが広がっていくことを期待しています」という。

それを踏まえて、人気のVR向けPCパーツとアイテムを見ていこう。

1位 GeForce GTX 1070 NVIDIA
2位 GeForce GTX 1080 NVIDIA
3位 Core i7-7700K インテル

一番人気となっているのは、NVIDIAの一般向けハイエンド級GPU「GeForce GTX 1070」を搭載したグラフィックスカードだった。アキバでは、安価なものなら税込み4万円前後で購入でき、付加価値がついたモデルでも5万~7万円で複数のラインアップから選べる。

 「ひとつ下のGTX 1060も『VR READY』ではありますが、パソコンでVRをしたい人はそれなりのハイスペックを求める傾向があるので、入門的な需要もGTX 1070に集まっている印象がありますね。パソコンならではの臨場感を再現するには十分な性能を持っています」

GTX 1070カードのなかにも、効率的に放熱処理できるクーラーを搭載したり、クロックを引き上げたりしたモデルが各社から出ているが、なかでも人気があるのはMSIの「GEFORCE GTX 1070 GAMING X 8G」(税込み5万7758円)という。「定評があるMSIのクーラーを採用したフラッグシップモデルながら割高感のない価格で入手できるということで、よく指名買いされています」

以下ソース
http://ift.tt/2qPYq9h

続きを読む

 - 未分類 ,

×