ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

歴史ある日本のSI企業すらもSlackを導入。ムダや停滞感が消える効果を実感

   

IT速報 http://ift.tt/2pPkpMj

「Slack」の導入例が枚挙に暇がない。古典的なSI企業でも導入が進んでいるという。

セゾン情報システムズのような、45年以上の歴史を誇るエンタープライズ系のSI企業で利用するとなると話は別である。筆者は2年前からセゾン情報システムズの取締役 兼 CTO、1年前からは常務取締役 兼 CTOを務めているが、社内の風通しの悪さに課題を感じ、Slackを導入することにした。

Slack導入後、一時は利用者数が落ち込むような時期もあったが、今ではコミュニケーションインフラとしてすっかり定着している。本稿では、Slackはなぜすばらしいのか、導入時には何が起こり、どのようなことでつまずきそうになったのか、またそれをどのように乗り越えたのかを紹介する。

メールをはじめとする従来の連絡手段には、様々な様式がつきまとう。文章冒頭の「○○さん」から始まり、「お疲れ様です。」「以上、よろしくお願いします。」などだ。

しかし、Slackでこのような書き込みをする人はいない。セゾン情報システムズのような歴史の古い会社であっても、である。 すると、伝えたい内容だけが前面に出てくる。

また、メールのように冒頭で「○○部長」というように相手の肩書を書くことがなく、メールにおける末尾のシグニチャのように発言ごとに所属組織が表明されることもないので、所属組織や立場よりも個人が前面に出やすい。

このように、「定型的な言葉よりも発言内容が」「所属意識や立場よりも個人が」それぞれ前面に出やすいことから、Slackで行われる会話は自然と友達同士の間で交わすようなものに近づく。ちょっとしたことだが、とても大事なことなのだ。

Slackを使っていると、書き込みに対して、思いもよらぬところから反応が返ってくることがある。

あるとき、目指していた資格を取ったことをSlackに投稿した人がいた。すると、上司のさらに上司という、顔を合わせることもまれなエライ人から、「すごいね、○○さん! これからも期待してるよ!!」というコメントが…

続きはソース元で
http://ift.tt/2p8TxGP

続きを読む

 - 未分類 ,

×