ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

ソニーとパナソニック、次なる金脈は「介護事業」

   

IT速報 http://ift.tt/2pOpxjH

日本の家電業界で双璧をなすソニーとパナソニックは「介護」ビジネスに力を入れているという。

2017年4月、大きく動いたのがソニーだ。介護事業子会社のソニー・ライフケアが、有料老人ホームの運営企業・ゆうあいホールディングスを子会社化。従来3拠点で年商1億円程度だった事業規模が、一気に31拠点、年商50億円超まで拡大する見込みだ。

一方、パナソニックは介護事業へ参入してから20年近く経過しているが、近年拡大路線へと大きく舵を切っている。介護施設の新設を進め、直近(2015年度)で約300億円の売上高を、2025年に2000億円へと引き上げる方針だ。

■なぜ家電大手が介護事業?
家電の雄が揃って介護事業に熱視線を注ぐのはなぜか。パナソニックエイジフリーの和久定信社長は、「日本は高齢化が進むとはいえ、2040年に老齢人口が頭打ちになる。逆算すれば、始めるなら今しかない」と話す。

本業の家電事業との相乗効果については両社で姿勢が異なる…

続きはソース元で
http://ift.tt/2p7Zl56

続きを読む

 - 未分類 ,

×