ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

ソフトバンクグループ傘下の米スプリント、赤字が315億円に半減。コスト削減が奏功

   

IT速報 http://ift.tt/2qKpzI2

ソフトバンクグループ傘下で米携帯電話4位のスプリントが発表した2017年1~3月期決算は、最終損益が2億8300万ドル(約315億円)の赤字となった。

コスト削減の努力が奏功し、赤字幅は前年同期(5億5400万ドルの赤字)比でほぼ半分に縮小した。売上高は6%増の85億3900万ドルで、3四半期連続で拡大した。

携帯事業の成長の指針となる携帯電話の新規契約件数(プリペイドを除く)は4万2000件の純増と、10四半期連続で前年の水準を上回った。通話やデータ通信が定額で使い放題になる料金プランを割安な価格で提供する戦略が効果を示した。ただ、17年1~3月期にはベライゾン・コミュニケーションズとAT&Tの「2強」も使い放題プランを投入し、顧客の囲い込み競争が激化。タブレット契約の流出などが響いて、全体としては11万8000件の純減(前年同期は5万6000件の純増)となった。

米通信業界では合従連衡の噂が絶えない。決算会見に登場したソフトバンクの孫正義社長は「あらゆる可能性に対してオープンだが、急いでいない」と説明。トランプ政権に対しては「様々な(M&Aの)可能性に開かれた対応をすることを期待している」と語った。

http://ift.tt/2p5A7PM

続きを読む

 - 未分類 ,

×