ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

【画像】ソニー「wena wrist」を発売。ベルト部に電子マネー機能などを搭載した画期的な時計

   

IT速報 http://ift.tt/299LC4G
16

ソニーのスマートウォッチ「wena wrist」が、2016年6月30日から正式販売をスタートした。

wena wristは、ソニーの新規事業創出プログラムから誕生した、これまでにない画期的なスマートウォッチ。既存のスマートウォッチではディスプレーを搭載するのが基本だが、wena wristはヘッド部分にアナログ時計を採用するとともに、ベルト部分に「電子マネー機能」「通知機能」「ログ機能」を内蔵。腕時計のデザイン性とスマートウォッチの利便性を両立しているのが最大の特徴だ。

wena wristは、2015年秋に実施したクラウドファンディングで国内最高記録となる1億円以上の支援を集めるなど、発表時から人気を博してきた。

価格はChronographのシルバー「WN-WC01S」が5万9800円、プレミアムブラック「WN-WC01B」が6万9800円、Three Handsのシルバー 「WN-WT01S」が4万2800円、プレミアムブラック「WN-WT01B」が4万9800円、ホワイト「WN-WT01W」が4万3800円(すべて税別)。

また、wena wristと連携するスマホアプリ「wenaアプリ」はこれまでiOS端末のみの提供だったが、今回の正式販売にあわせてAndroid版も登場した。

iOS端末では、電子マネー機能、通知機能、ログ機能の3つが利用できる。電子マネー機能では、楽天EdyやiDといった電子マネーに加えてANAのチケットレス搭乗サービス「SKiP」なども利用可能。

通知機能では、電話やメールの着信、LINE、Facebookなど自分が通知させたい機能やアプリを選び、それぞれを7色のLEDとバイブで確認できる。ログ機能は、歩数やカロリーなどを記録でき、グラフでの履歴確認も可能だ。

一方、Android版のwenaアプリで利用できるのは通知機能とログ機能。この2つについては、iOS版と共通の機能が利用できる。ただ電子マネー機能は、有効化に必要なフェリカネットワークスのアプリ「おサイフリンク」がiOS版しか提供されていないため、Androidスマホだけでは利用できない

http://ift.tt/2941jH5

続きを読む

 - 未分類 ,

×