ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

LINE上場で「日本ベンチャー凄い」は本当か。幹部はほとんどコリアンの実質韓国企業

   

IT速報 http://ift.tt/29cbBr9
38

今年最大のIPO(新規公開株)として注目を集めるLINE。急成長するIT企業を見て、「日本発のITベンチャーの成功例」と捉える向きもあるが、実態は少し複雑だ。

『ヤバいLINE』(光文社新書)の著者でジャーナリストの河鐘基(ハジョンギ)氏がいう。

「LINEは韓国IT大手『ネイバー』の子会社です。このネイバーは韓国でトップシェアを誇るポータルサイトで、日本でいえばヤフージャパンのような存在。2000年には、『ハンゲームジャパン』の社名で日本市場に主に検索分野で進出しましたが、まったく浸透せず何度か撤退しています」

しかし、その後、再び日本市場に目を向け、2010年には、かつて堀江貴文氏が社長だった『ライブドア』を買収。転機が訪れたのは翌年のことだった。

「2011年6月に『LINE』をリリースした。きっかけは同年3月に起きた東日本大震災でした。ちょうど震災時に日本にいたネイバーの会長が非常時における通信インフラの必要性を感じ、便利でつながりやすいコミュニケーションツールとして開発を後押ししたといわれています」(河氏)

LINEは日本で成長した企業ではあるが、新規上場の際に提出が義務づけられている有価証券届出書を見ると、純粋な“日本企業”とは言い難い。

届出書の〈株主の状況〉を見ると、87.27%を親会社のネイバーが握り、LINE取締役のシン・ジュンホ氏が5.12%で次点となっている。社長の出澤剛氏ですら、持ち分は0.05%に過ぎない。

「役員11人のうちネイバー出身が4人。そして執行役員17人のうち7人が韓国系です。〈株主の状況〉にある名前を見る限り、少なく見積もっても96%は韓国人または日本在住のコリアン系が株主とみられ、実質的には“韓国企業”と見られています」(証券関係者)
http://ift.tt/292ysIN

画像
LINEの株主一覧

続きを読む

 - 未分類 ,

×