ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

シャープ、人工知能搭載の「AIoT冷蔵庫」を発売。プラズマクラスター調節機能も搭載で価格は35万円

   

IT速報 http://ift.tt/2mQiPbw

シャープが人工知能を搭載したAIoT冷蔵庫「SJ-TF49C」を発表した。

対話しながら献立を相談すると「『チキンソテー野菜ソース添え』はどうですか?」などとメニューを提案してきたり、人工知能によりプラズマクラスターイオンを抑制したりする。発売は3月下旬。価格はオープンで、推定市場価格は税別350,000円前後。

シャープが取り組んでいる「AIoT」(モノの人工知能化。AIとIoTを組み合わせた造語)製品の一つ。ユーザーが家電をどのように使っているかを記録してクラウド上に送信、取得した情報を応用して家電を「わが家流」に成長させるという。

SJ-TF49Cは、最上位オーブン「AX-XW300」と同様、ユーザーとの対話が可能。ユーザーの暮らしに寄り添い、タイミングよく声をかける「Good Timing Message」で、キッチンでの家事をサポートするという。

クラウドサービス「COCORO KITCHEN」と連動し、クラウド上にある大量のメニューと、ドア開閉のタイミングなどから学習したユーザーの生活サイクル(日中の在宅状況、食事の支度時間、家事がひと段落する時間、就寝時間、買い物のサイクル)を結びつけて献立を提案する。

詳細はソース元から
http://ift.tt/2nmCrFO

http://ift.tt/2n1zIR8

続きを読む

 - 未分類 ,

×