ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

Oracle、ボラクル。保守料釣り上げなど、ITヤクザが露骨となりユーザーはあきれ顔

   

IT速報 http://ift.tt/2mj5o1b
57

保守料の釣り上げなど、殿様商売をするOracleに嫌気をさす開発者が増えているという。

「Oracle Database(DB)は信頼性や可用性が高く、当社のシステムには欠かせない。しかしここ数年、保守料が右肩上がり。IT予算に占めるOracle DBの保守料金の割合が増えて困っている」。

製造業A社のシステム部長は悩んでいた。会計や販売管理、生産管理など社内の主要なシステムは全てOracle DBを利用している。しかし開発時期はバラバラで、システム構築を依頼したITベンダーもシステムごとに異なっていた。Oracle DBのライセンスはシステム構築に合わせて、その都度購入している。システムごとに同じOracle DBとはいえ、バージョンは異なり、システム部門の保守作業も手間になっていた。

中略

「Amazon Web Services(AWS)であればOracle DBの稼働実績があり、移行しやすいのではないか。まずは小規模なシステムから使ってみれば、リスクが少ないのではないか」。

こう考えたシステム部長は、ITベンダーの営業担当者を呼び、社内では比較的小規模で、ハードウエアの保守期限がもうすぐ切れる購買システムを、AWSに移行するプロジェクトを2017年の半ばくらいから始めようと動き出した。

その打ち合わせをしようとしていた2017年2月、AWSへの移行プロジェクトを依頼していたITベンダーの営業担当者から「大きな問題が発生した」との連絡が入った。その内容は、「米Oracleからライセンス体系の変更に関する通知があり、AWSでOracle DBを利用する場合、ライセンス費用が2倍になる可能性がある」というものだった…

詳細はソース元で
http://ift.tt/2mgeyKU

続きを読む

 - 未分類 ,

×