ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

【朗報】「中学英語で十分」は本当だった

   

IT速報 http://ift.tt/2m7e10Y
53

英語の文法については、ほとんど「中学英語」で十分であり、語彙についても十分なケースが多いという。

中学英語について考えるには、まず英語そのものを2つの分野に分ける必要があります。それは、語彙と文法です。

まず語彙から考えると、これはさらに2つに分けることができます。available(利用可能である)、contribution(貢献)など高等な語彙と、have、take、on、inなどの基礎的な語彙です。後者が「中学英語」の語彙、正確には「中学レベルの語彙」ということになります。

あなたがもし、ビジネスで通用する英語を身に付けたいとすると、高等な語彙は避けて通ることはできません。もちろん、英語の学習は「何を目的にするか」ということがとても大切ですので、必ずしも何千もの語彙を覚えている必要はありませんが、それでも(中学レベル以上の)3000~4000語程度の高等語彙はあった方が良いと思います(※)。

一方、基礎的な語彙の方ですが、これに関しては、中学英語は馬鹿にできません。例えば、

「When did you learn it?」(いつそれを知ったの?)
「How did it go?」([交渉やプレゼンなどが]どうだった?)
「I think you’re missing a point.」(ポイントを外していると思う)
「I learned it the hard way.」([経験を得るのに]苦労しました=高い授業料を払いました)
「I can’t tell the difference.」(違いが分からない)
等々、使い様によって恐ろしい威力を発揮します。

続きはソース元で
http://ift.tt/2lK3qXt

続きを読む

 - 未分類 ,

×