ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

【悲報】MITの「世界で最も優秀な企業ランキング」にバイドゥとファーウェイ。パクリから革新的企業に急成長

   

IT速報 http://ift.tt/28Xju1U

マサチューセッツ工科大学(MIT)が、世界で最も優秀な企業トップ50を発表した。

それによると、中国企業がますます優秀さを増しており、日本や韓国の企業を追い抜いて米企業に追いつきつつある。

2016年版の同ランキングでは、トップ10に中国企業2社が食い込んだ。2位の検索エンジン大手の百度(Baidu)と、10位の華為技術(Huawei)だ

1.アマゾン(ネット通販、アメリカ)
2.百度(検索サービス、中国)
3.イルミナ(バイオテクノロジー、アメリカ)
4.テスラ(電気自動車、アメリカ)
5.アクイオン・エナジー(蓄電池システム、アメリカ)
6.モービルアイ(運転支援システム、イスラエル)
7.23アンド・ミー(バイオテクノロジー、アメリカ)
8.アルファベット(複合企業、アメリカ)
9.スパーク・セラピューティクス(ヘルスケア、アメリカ)
10.華為技術(通信機器、中国)

MITが作成する同リストでの台頭は、ますます多くの中国企業が“模倣者”から“革新者”に変身していることを示すものだ。米ビジネス誌ファスト・カンパニーが発表した、2015年度「世界で最も革新的な企業トップ50」ランキングでも、そのことは裏づけられており、 中国のネット通販大手アリババがランキング3位に輝いた(2位のアップルと4位のグーグルの間に入った)。 同誌ではその理由について「消費者の節約を手助けし、楽しませた」ことを挙げている。

“模倣者”から“革新者”への変身は、中国が世界2位の経済大国に台頭したことともつじつまが合っている。

日本が1980年代に世界2位の経済大国に台頭した(現在は3位)後も、世界ランキングにおける日本企業の地位は上昇した。 http://ift.tt/291vBzw

50 Smartest Companies 2016
http://ift.tt/28LdX1I

続きを読む

 - 未分類 ,

×