ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

日本はWi-Fi後進国か、その残念な現状とは

   

IT速報 http://ift.tt/2m4NLVZ

2020年の東京オリンピックを控え、外国人観光客のニーズにいかに応えるかが課題となっている。中でもフリーWi-Fiの整備というのは大きな問題の一つである。

日本はフリーWi-Fiが少ない、という問題は外国人を対象とした観光庁の調査などから明らかになっていったが、なぜ先進国である日本がそのような状況となっているのだろうか。

1.キャリア契約の問題
日本の場合、パケット通信の利用を前提としたプランで通信キャリア各社と契約をする、というのが一般的だろう。そのためメインとしてはLTE回線などで済ませ、自宅でゆっくりインターネットを利用するためにWi-Fiを利用する、というスタイルなどが定着している。

しかし海外の場合、移民であるなどの問題でキャリアと契約できない人々も多く存在し、そうした人々はプリペイド携帯(パケット通信ができない)を利用することになる。その対応としてフリーWi-Fiの拡充が図られていくとキャリアとの契約が可能な人々の中にも、プリペイド携帯を選択して安い料金プランで済ませようという人々が現れるのは必至だ。こうした社会構造から、一層フリーWi-Fiへの要請が高まっていった。

2.セキュリティ問題
海外で実際多くのフリーWi-Fi環境が実装されているという現状があるなか、日本では警察の情報開示請求を乗り切るために、スポットを提供する側はセキュリティ対策を固めなければならない、という障壁がある。

これをしないと、そのフリーWi-Fiを利用している端末の情報が盗まれるといった犯罪が想定される。本人認証システムの整備を提供者側が怠れば、こうした犯罪があったり、身元不明のアクセスがあったりした場合に責任を問われることになってしまう。そのうえ認証システムの整備にかかる高いコストという問題もある。

(続きはサイトで)
http://ift.tt/2mxRRTS

続きを読む

 - 未分類 ,

×