ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

KDDIがIoTでトイレの空室や節水を管理するサービスを発表。長く滞在すると管理者に通知も

   

IT速報 http://ift.tt/2md6fnH

KDDIが法人向けIoTクラウドサービスの説明会を開催し、トイレの空室や節水を管理する新サービスを発表した。オフィスビルや商業施設などを対象に、2017年3月以降に提供開始するそうだ。

中略

実際にはオフィス環境では、トイレが重視される傾向にあるという。原田氏が実施した調査では、「空調」に次いで「トイレ」が2位に挙げられ、女性の回答では1位だったという。また、トイレで困ることとしては男女ともに「個室ブースの数が足りない」点を挙げ、「オフィス環境では、トイレが使いたいときにふさがっていることが問題だ」(原田氏)と指摘した。

これに対してKDDIは、IoTを用いたトイレの「空室管理」と「節水管理」の2つのサービスを提供する。
 
空室管理サービスは、トイレの扉部分にマグネットセンサーを配置。開閉を検出すると、トイレ内に設置した専用のゲートウェイ端末を経由し、KDDIが運営するクラウドにデータを送信することで実現する。

続きはソース元から
http://ift.tt/2lozNM4

http://ift.tt/2lZG03Q

続きを読む

 - 未分類 ,

×