ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

日立、「メイド・イン・ジャパン」を断念。「メイド・ウィズ・ジャパン」で海外に活路

   

IT速報 http://ift.tt/2me5bMp

海外に活路を見いだした日立。そこには「メイド・イン・ジャパン」を諦める大英断があったという。

今のままでは負け続けてしまう。期待を受けたのに英国での仕事はとれないかもしれない――。2014年の夏。日立製作所の冨田浩史さん(47)は焦りを募らせていた。英国の鉄道会社ネットワークレール社が、首都ロンドンの中心を南北に縦断する基幹路線「テムズリンク」の運行管理システムの委託業者を決める入札が迫っていた。

レール社は自動化が遅れていた旧来の運行管理を見直し、国を挙げてシステムの更新を計画。世界の約60社が参画に意欲を見せ、日立も名乗りを上げた。

日立は欧州での経験がなく、英国の鉄道システムに精通したベンチャー企業を12年に買収。冨田さんがCEO(最高経営責任者)に就き、日立の鉄道事業と連携して受注プロジェクトの責任者に選ばれた。「海外で仕事を取らないと事業の将来はない。世界を相手に戦ってきてほしい」。上司はこう言って送り出した。

日立は14年に鉄道部門を束ねる本社機能をロンドンに移転。鉄道発祥の地、英国を拠点に世界の強豪の牙城(がじょう)に食い込み、受注を増やす態勢を整えた。

新幹線や首都圏の過密ダイヤを支えるシステムが日立の売り。それを英国に「輸出」すれば列車の運行本数は大幅に増える。冨田さんは日立製が世界一だと自負していた。だが、英国にとって新幹線の実績は異国の話。レール社側との事前交渉で海外実績を何度も問われ、受注の脈が細っていくのが分かった。

そこで、冨田さんは思い切って「メイド・イン・ジャパン」を断念する決断を下した。信号など一部のシステムは、自国で実績のある英国ベンチャー側に担わせ、日立の技術と融合。レール社には「メイド・ウィズ・ジャパン(日本とともに)」だと売り込んだ。日立製に自信を持つ本社の同僚らは難色を示したが、冨田さんが説き伏せた…
続きはソース元で
http://ift.tt/2mbSi5f

続きを読む

 - 未分類 ,

×