ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

3万円出してPS4ではなくニンテンドースイッチを買う理由が思いつかない件

   

IT速報 http://ift.tt/2m1RMqr
no title

任天堂の「ニンテンドースイッチ」の発表が行われた直後、メディアやファンの多くは、ローンチタイトルのあまりの少なさに困惑したという。

新作ゲームは「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」「1-2-Switch」「いっしょにチョキッと スニッパーズ」「スーパーボンバーマン R」の4作しかない。他にリリースされる7タイトル(「魔界戦記ディスガイア5」「Steep」「Just Dance 2017」「いけにえと雪のセツナ」「ぷよぷよ テトリスS」「Rayman Legends」「Skylanders」)は、全て過去に他のゲーム機向けにリリースされたものだ。

ゼルダのトレーラーの余韻に浸る間もなく、筆者はスイッチが大失敗に終わったWii Uの二の舞になるのではないかという不安に駆られた。スイッチはWii Uよりも機能面で上回り、将来的には大型タイトルのリリースも予定されているが、任天堂の根本的な姿勢は何ら変わっていないように思えるのだ。

サードパーティの協力がこれほど少ないゲーム機の発表会は初めてだ。日本のパートナー以外では、EAが「EA SPORTS FIFA」を、Ubisoftが「Just Dance」「Rayman」「Steep」を、ベセスダが「Skyrim」をリリースするのみだ。「Skyrim」に至っては、5年前に開発したもののリマスター版で、既にライバルゲーム機向けに提供されている。それにも関わらず、スイッチ版のリリースは秋になる予定だという。

任天堂は、またしても外部のゲーム開発会社と信頼関係を築くことに失敗したのだ…

続きはソース元で
http://ift.tt/2keSAaA

続きを読む

 - 未分類 ,

×