ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

孫正義「若者はすぐに渡米せよ」若者に留学資金を無償提供へ

   

IT速報 http://ift.tt/2kdv7v5

ソフトバンクグループの孫正義社長が代表理事を務める「孫正義育英財団」では、若者へ留学資金を無償提供しているという。

孫正義育英財団は昨年12月5日に設立された。未定な点も多いが、ソフトバンク創業者である孫社長の個人資産を財源とし、生徒、学生を対象に、学費や留学資金を無償提供するものだ。つまり、民間の資金をベースとした、返済義務のない奨学金である。

同財団ホームページの「募集要項」には「募集人数100名程度(目安)」と記してあるが、孫社長は「数十名から始めて、将来は数百名にしたい」と記者団に語った。資金提供期間は募集要項によれば「最長4年間」だが、孫社長の思いとしては、「希望者には6歳の未就学児もいる。そういう人にも支援するのだから、何年でも支援したい」。

キーワードは「異能」と「海外」だ。特殊な才能を持った若者に早く海外(主に米国)に出てもらい、才能を開花させてほしい、というのが本音だ。「奨学金はいろいろある。国家予算として支援するものもあるが、異能の若者に支援する奨学金がない。批判もあるだろうが、(異能を強調するために)あえて自分の名前を冠した財団にした」(孫社長)。

孫社長自身、16歳の時に米国に留学。米国での猛勉強が現在の礎となっているという。当時の苦労を思い出したのだろうか、イベント後、久々の囲み取材では、若者へのメッセージを聞かれて「解き放て、飛び立て」と語り、目をうるませる場面もあった。
(続きはサイトで)
http://ift.tt/2lzMmUq

続きを読む

 - 未分類 ,

×