ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

日本の自動車産業が世界の先頭を走っているという危うい勘違い、拡大するEV市場に対応できてない現実

   

IT速報 http://ift.tt/2kv3GtA
37

日本人が「日本車はすばらしい」と、産業界全体が世界の先頭を走っていると勘違いしてしまう現状は、とても危ないという。

まさに「ジャパン・アズ・ナンバーワン」の世界である。今回は、世界の中で進んでいると言われている電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)を例にとりながら、マネジメントはどう考えるべきかについて、述べてみたい。

1月になると、16年の車に関する集計が出揃ってくる。新車販売台数は米国が1755万台で前年比0.4%増、中国は2803万台で同13.7%増なのに対し、日本は497万台となり、同1.5%減である。その中で特筆すべきはEVとPHEVの合計販売台数で、米国は15.9万台(同37%増)、中国は50.7万台(同53%増)であったのに対し、日本は2.5万台とほぼ前年同等となっている。

これから言えることは、中国をはじめ米国でもエコカーであるEV・PHEVは著しい伸びを示していることだ。既に中国は日本の20倍以上、米国でも6倍以上と、新車販売台数の規模以上に水をあけられてしまった。特に中国は15年に4倍以上の伸びを示し、新エネ車の規制が実施された16年でも伸び率が50%を超えている。もし、これが仮に対前年比40%増を維持するとなると、20年半ばには1000万台を超える規模になる。米国でも同30%増であれば200万台を超えるであろう。たして、この計算は夢物語であろうか。筆者はかなり現実味が高いと思われ

しかし、このように他地域のマーケットが急伸しているにもかかわらず、日本のマネジメントからは「たいへんだ!」「エコカーでは他に負けたくない!」などの声はほとんど聞こえてこない。「欧米中にて法規制が強化されるため、徐々にEV・PHEVを増やしていきたい」との声はあるものの、そう慌てることはないと思っているのであろうか。

続きはソース元で
http://ift.tt/2l5jlQ3

続きを読む

 - 未分類 ,

×