ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

【悲報】総務省のガイドライン改正で2月以降スマホは安く買えなくなる

   

IT速報 http://ift.tt/2kXdADp

総務省は2017年1月10日、端末購入補助の一層の適正化などを盛り込んだ、「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」を策定。

内容にもよるが、早ければ2月から適用開始となる。では2月以降、スマートフォンの価格はどうなっていくのだろうか。

「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」には、実質的に2つのガイドラインが盛り込まれている。1つは、2015年に義務化されたSIMロックの解除に関連した「SIMロック解除の円滑な実施に関するガイドライン」。そしてもう1つが、2016年4月に施行された「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」を改訂したもので、端末価格に直接影響するのは後者となる。
 
後者の「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」には、今回の改定で大きく3つの変更がある。中でも多くの人の関心を集めるのは端末購入補助、つまりスマートフォンの割引額に関してだろう。

実は従来のガイドラインには、適切な端末購入補助額の基準に関する明確な記述がなく、そのことが多くの消費者の混乱を招いた。そこで今回のガイドラインでは端末購入補助の基準が、明確に盛り込まれている。

その基準となるのが、中古端末の下取り価格だ。実際、改訂されたガイドラインを見ると、同じメーカー・同じシリーズで、なおかつ2年前のモデルの下取り額を最新モデルの販売額の下限とするよう記述されている。
(続きはサイトで)
http://ift.tt/2k8kTvd

続きを読む

 - 未分類 ,

×