ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

【朗報】任天堂、3DSの後継機を開発中。2018年以降に登場へ

   

IT速報 http://ift.tt/2jProli
17

任天堂は、既に新しい携帯型ゲーム機の開発に着手しており、2018年以降に登場するという。

実は、これまでの任天堂のゲーム機の製品サイクルでは、「2017年に携帯型、2018年に据置型の新しいゲーム機を発売するスケジュールだったはずだ」(ゲーム業界に詳しいSMBC日興証券 株式調査部 シニアアナリストの前田栄二氏)。

ところがWii Uの失敗で、2017年に据置型のSwitchを前倒しで発売せざるを得なくなった。任天堂は既に新しい携帯型ゲーム機の開発に着手しているもようで、登場するのは2018年以降とみられる。Switchと新しい携帯型ゲーム機の発売の順番が入れ替わった結果、携帯型ゲーム機の存在価値が問われる形になってしまった。

もしSwitchの売れ行きが好調で、テーブルモードや携帯モードでの利用者が多ければ、携帯型ゲーム機との統合の可能性が高まってくる。その場合、ディスプレーサイズは現行の6.2型から5型以下に縮小して小型・軽量化し、子供が落としても壊れないように頑丈にした、「『Switchスリム』というような名称の小型版が出る可能性も考えられる」(SMBC日興証券の前田氏)。

Switchベースの携帯型ゲーム機を実現する上で、課題になるのが内蔵2次電池による駆動時間だ。ゲームによるものの、現状のSwitchの駆動時間は2.5~6.5時間とあまり長くない。ゲームによって駆動時間が大きく変わるのも気になる。例えば、ゼルダの伝説の場合、およそ3時間だという…

続きはソース元で
http://ift.tt/2jPw5M1

続きを読む

 - 未分類 ,

×