ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

発達障害ADHDは別名「天才病」。ジョブズや三木谷などIT業界はADHDだらけ

   

IT速報 http://ift.tt/2kEY2Vs
24

ADHDは別名「天才病」とも言われ、特定の分野で際立った才能を発揮する人も少なくないという。

スティーブ・ジョブズ、ビル・ゲイツをはじめ、有名なIT起業家の大半はADHDなどの発達障害であるとの見方もある。また、マイケル・フェルプスやブリトニー・スピアーズ、あるいは大人のADHDの啓発活動をしている勝間和代氏のように、自身のADHDを公言している著名人も少なくない。

「好奇心旺盛で、興味を持ったことには徹底してのめり込むADHDの人は、組織での規律を求められるサラリーマンには向いていないかも知れませんが、自分の好きな事業に好きなだけ打ち込める起業家には向いていると思います。特にIT周辺の事業とは親和性が高いので、IT業界は『ADHDだらけ』です」(立入氏)

ちなみに、日本の起業家の中でも自身のADHDを自覚している人がいる。楽天の三木谷浩史氏もその一人だ。ジャーナリストの大西康之氏が著した『ファーストペンギン 楽天・三木谷浩史の挑戦』(日本経済新聞出版社)の中で、三木谷氏は、「他の人と違う。ADHDの傾向があるかもしれない」と自己分析している。
 
実際、小学校時代の三木谷氏は、授業に興味を失うとふらふらと教室を出て行き、いつも廊下に立たされていたという…
詳細はソース元で
http://ift.tt/2k78Mfd

続きを読む

 - 未分類 ,

×