ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

【世界最薄】シチズンの厚さ2.98ミリの腕時計はなぜウケたか?

   

IT速報 http://ift.tt/2jCcD5D

2016年のバーゼルワールドで本当に驚く6つの時計の1つに選ばれた「エコドライブ・ワン」。並み居るスイスの高級時計メーカーが出展する中で高評価を得ました。

(中略)

実際に発売するにあたって値付けをどうするのか。決定した価格は、革製ベルトの限定モデルは世界限定800本で1本70万円、メタルベルトのレギュラーモデルは3色展開でそれぞれ30万円。強気ともいえるこの価格設定に、社内でも不安の声が上がった。

これまで消費者にはGPSなどの機能が付加価値として認められていたが、「エコドライブ・ワン」は薄さオンリーで勝負する。

はたして数十万円の対価を得られるのだろうか。だがこうした懸念は杞憂に終わる。蓋を開けてみると、2016年10月末に発売された70万円の限定モデルは予約だけでほぼ完売。

11月末に発売した30万円のレギュラーモデルは50代のミドル層に人気だ。技術の進展に伴い、GPS連携やアウトドアのため高度や方位が分かるなど、時計の機能は多様化している。そうした時代の流れにあって「エコドライブ・ワン」はそのシンプルさに価値が認められた。

メタル製ベルトの時計が売れた後には、革ベルトの時計が売れたりするように、トレンドには揺り戻しがある。「エコドライブ・ワン」の薄さがウケた背景には、こうしたトレンドの揺り戻しも一因ではないだろうか。
以下全文
http://ift.tt/2iUoSqq

http://ift.tt/2jhreog

続きを読む

 - 未分類 ,

×