ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

NEC社長「社会になくてはならない会社になる。そのために幹部が毎月合宿している」

   

IT速報 http://ift.tt/2kdJL1F
18

日経BPに掲載されたNEC社長へのインタビューが話題。PCがレノボとなり、目立つ看板が無くなった今、どのような会社になるのかを毎月の合宿で議論していたという。

ー実績豊富なセキュリティ分野については派手なPRは難しく、それが世に伝わりにくい。かといって、今はパソコンの会社でもない。「NECの看板商品は何か」が分かりにくく、市場からの評価が振るっていないと思うのですが、いかがでしょうか。

まさにご指摘の通りだと思います。我々のもともとのブランドは、PCや携帯電話、ネット接続サービスといったBtoC事業が強く、皆さんにとって身近な存在だったわけです。ご存知のとおり、当社のPCは一世を風靡しました。

ところが現在は、BtoC事業はかなりなくなり、「我々はどのような会社になるのか」ということを、遠藤(信博・前社長)の時代からここ5~6年、毎月、幹部が合宿して議論を重ねてきました。

そうして「社会ソリューション事業」に注力することを2013年の中期経営計画で発表しました。その後、コーポレートブランド「Orchestrating a brighter world」としてメッセージを打ち出し、「社会価値創造型企業」というコンセプトを決めました。

ではこれらの決定事項に従い、具体的にどのような事業で我々は戦っていくか。それは、先ほどお話したセキュリティやネットワークの仮想化などのビジネスです。

詳細はソース元で
http://ift.tt/2kkSM8s

続きを読む

 - 未分類 ,

×