ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

【悲報】孫正義「会社をアローラに譲ると決めていたが、その時が近づくと急にさみしくなった」

   

IT速報 http://ift.tt/28SY9ac
46

日経に掲載されたソフトバンクグループの孫正義社長(58)とニケシュ・アローラ副社長(48)へのインタビューが話題。

孫氏は社長をアローラ氏に譲ると決めていた60歳が近づくにつれて「もう少しやっていたいという欲望が出た」と打ち明けた。約1年後に60歳になればアローラ氏に禅譲するつもりだったが「急にさみしくなった」とも語った。一問一答は次の通り。

――社長を続けたいと思い直したきっかけはなんでしょうか。
孫氏「創業者は往々にしてクレージーだ。いつまでも若く、まだまだやれると思っていたい。自ら経営の一線から引退する、いざその時期が近づくと、やっぱりもう少しやっていたいという欲望が出た」

「ニケシュには迷惑をかけた。申し訳ない気持ちでいっぱいだ。でも現役を続けたい気持ちを抑えるのは正直よくないと思う。長い目で見たときに、気持ちが成熟していないのに社長を譲って後でもめるのもいやだった。正直に話した方がよいと思った」

――アローラさんに思いをいつ、どう伝えたかのでしょうか。
孫氏「この数週間のことだ。最初にニケシュをスカウトしたときは60歳ぐらいで社長を渡すつもりでいた。彼にもその前提で来てもらった。だが僕自身の中で、あと1年で60歳だと思うようになり、葛藤が出てきた。髪の毛はだいぶ減ってきたけどまだ若いぞと(笑)」

アローラ氏「マサ(孫氏)からもっと自分で頑張りたいと言われ、私も『こんなクレージーな天才を放っておくわけにはいかない』と思った。今後は顧問としてサポートを続けたい」

――今後、社長を次の人に譲る予定はありますか。
孫氏「少なくとも5~10年は社長として走りたい。健康である限り、2~3年で降りるつもりはない」

――引退を撤回した孫さんの次の野望はなんですか。また、そのためにアリババ株の売却などで得る2兆円の使い道は。

孫氏「とりあえずは(資金に)余裕があることが重要だ。次の大いなる投資の機会に恵まれれば、そのときに機動的に動けるポジションをつくっておくことが大事だ」
「情報革命をさらに続けてどんどんドライブしていきたい。もしかしたら、またクレージーな投資や事業を興すことが今後もあるかもしれない」

――具体的に検討している買収案はありますか。
孫氏「今はない。常に色々と狙ってはいるが。NTTドコモを買おうかとか(笑)。あり得ないでしょうけど」
http://ift.tt/28NduNo

続きを読む

 - 未分類 ,

×