ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

アップル元社員「ティム・クックがAppleを退屈な会社にした」

   

IT速報 http://ift.tt/2jdMDKZ

Appleの元従業員が、ティム・クックCEOに替わってから「Appleは退屈な運営の会社になった」と話しています。

スティーブ・ジョブズが存命だったころの2007年からAppleで働いていた経験を持つバロウ氏は、「当時のAppleという組織は西部の開拓時代のようでした。私はマネージャーとして雇用されましたが、最初の2年間はマネージャーとしての管理業務は行っておらず、複数の開発プロジェクトに携わっていました」とCNBCに語っています。

当時のAppleの最優先事項は「組織」ではなく「プロジェクト」であり、役割や肩書きなどに関わらず、それぞれが可能な限り解決できるあらゆる問題に取り組んでいたそうです。バロウ氏は「まさに野生状態でしたが、自分のしたことの全てが最大限に製品に反映されるため、とてもやりがいを感じていたのも事実です」と話しています

現在はヒューレット・パッカードの子会社・Palmで働くバロウ氏は、「Palmのチームはとても組織的で、働く上で自分の属する部署以外に対する責任を負う必要はありません。それぞれが自分の持つ責任を明確に把握しており、わからないことを他部署の人に尋ねても『それは私の仕事ではありません』と言われるのが一般的でした」と話します。そしてバロウ氏はティム・クックCEO率いるAppleは大胆さがなくなり、Palmと同じような業務になっていると指摘しています。

(中略)

バロウ氏はクック氏率いるAppleについて「クックはAppleをダイナミックな変化を起こす『チェンジメーカー』から退屈な運営の会社に変えてしまった」とツイートしています。
以下全文
http://ift.tt/2jYgzKZ


続きを読む

 - 未分類 ,

×