ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

MS、主要ブラウザを調査しGoogle Chromeが最もバッテリー喰いであることを発表

   

IT速報 http://ift.tt/28KCe3q
52

Microsoftは、Windows 10搭載のノートPCにおけるバッテリー消費影響を調査し、主要ブラウザの中でGoogle Chromeが最も「バッテリーを食う」ブラウザだったことが判明した。

テストに用いられたのはMozilla Firefox、Microsoft Edge、Google Chrome、Operaの4つのブラウザです。

それぞれの電力消費量をグラフ化したものがこれで、色分けはそれぞれCPU使用・GPU使用・Wi-Fi使用による消費を示しています。左端はブラウザ起動なしの時の基準値で、電力消費量は318mW(ミリワット)。最も電力消費量が少ないのはMicrosoft Edgeで2068mW、続いてChromeが2819mW、Operaが3077mW、Firefoxが3161mW。

こうした数字が机上のものではないことを示すため、Microsoftでは実際にWindows 10搭載の「Surface Book」でブラウザを起動し、実機調査を行いました。

4台とも4時間は越えましたが、4時間19分50秒で、まずはChromeを起動していたSurfaceがバッテリー切れ。5時間9分30秒で、Firefoxを起動していたSurfaceがバッテリー切れ。残り2台は6時間越え。しかし、6時間18分33秒でOperaも力尽き……7時間を越えて……Edgeを起動してたSurfaceのバッテリーが切れたのは7時間22分7秒でした。
http://ift.tt/28LTJUW

http://ift.tt/28J9Akj

続きを読む

 - 未分類 ,

×