ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

MacBook Pro(late 2016)の修理を受け付けてくれない問題、原因は診断ツール提供の遅れか

   

IT速報 http://ift.tt/2jFgFLJ

多数のユーザーから不具合が報告されているMacBook Pro(late 2016)。Apple Storeに持ち込んでも修理を受け付けてくれないという問題で、原因は診断ツール提供の遅れであることが分かった。

画面に異常が発生!でも修理を受け付けてくれない先日リリースされたばかりのMacBook Pro(late 2016)には現在、画面がチカチカと点滅したり、アプリのウインドウで埋め尽くされたりといった不具合が指摘されています。

ハードウェアかドライバーの不具合か、はっきりとした原因の特定はできていないものの、Adobeのソフトウェア使用時に問題が起きるということで、GPUに絡んでいるとの見方が一般的です。

しかし、この不具合を改善すべくAppleに端末の修理を依頼しても、MacBook Pro(late 2016)の受け付け自体が見合わせられているという異例の状況が続いています。これについて、これまでにも「Appleが原因を特定できていないのではないか」という指摘がなされていましたが、ニュースサイトMacお宝鑑定団Blogによると、これはストア向け診断ツールの配布に遅れが生じていることが直接的な理由なのだそうです。

診断ツールの新バージョン提供が遅れていることが原因
MacBook Pro(late 2016)に対応したOSベースの診断ツール「Apple Service Toolkit」は当初、2016年12月13日より提供を開始するはずでしたが、2017年1月10日になっても未だに新バージョンの配布は開始されていません。

ストアは「Apple Service Toolkit」に含まれている「Mac Resource Inspector」の診断結果より、該当修理部品の発注を行う仕組みをとっているため、仮に持ち込まれたところで、ツールから故障箇所を特定できず、修理の受付が行えないというわけです。
http://ift.tt/2jbPWTx

続きを読む

 - 未分類 ,

×