ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

アップル、収益性改善の一環でMac Proの生産拠点を米国内からアジアへ移転を検討

   

IT速報 http://ift.tt/2jkLEwj

Appleがシリンダー型の新Mac Proについて、収益性改善の一環で、現在、米国内で行われている生産をアジアに移転する方向で検討作業が行われていることがBloombergの報道で明らかとなった。

シリンダー型の新Mac Proは、海外生産から国内生産に変更することで、「Designed and assembled in the U.S」という新しいメイドイン表記を前面に押し出すマーケティング戦略を取ってきた。

しかし、その後、Appleの全売上に占めるMacの売上高が10%台にまで低下するなかで、米国内に生産拠点を置いて置くことの負担が増大し、身動きが取れない状態に陥っていることが、生産拠点の再考につながった模様となる。

Appleのウエブサイトの説明によると、Mac Proは、テキサス、イリノイ、ケンタッキーなどを始めとする12以上の州の企業で生産された部品を使って組み立てられているとしており、このメードインアメリカへのこだわりがネックとなり、リリースから既に丸3年が経過しているのにも関わらず、新モデルの投入ができない要因になっているものとも考えられている。

Apple社内では、現在、iMac、Mac mini、Mac Proの3種類のモデルがリリースされているデスクトップMac事業そのものが廃止される懸念なども生じている。

Appleのティム・クックCEOは社内で広まっているこうした懸念を払拭するために、昨年末に社員全員に充てたメールの中で、デスクトップMac事業を廃止することはしないことを明言。
http://ift.tt/2iTXzxJ

続きを読む

 - 未分類 ,

×