ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

帯域幅が2.6倍に向上した「HDMI2.1」が登場。60Hzの8Kや120Hzの4K出力が可能

   

IT速報 http://ift.tt/2i0c3h9

HDMI Forumが、8K/60Hzや4K/120Hzをサポートし、ダイナミックHDRやオーディオフォーマットeARCなどに対応する新規格「HDMI 2.1」を発表した。

HDMI 2.1は、従来のHDMI 2.0が18Gpsだった帯域幅を48Gpsと約2.6倍に大幅向上させています。これによって、リフレッシュレートが60Hzの8K(7680×4320)出力や、120Hzの4K(4096×2160)出力が可能になり、次世代の8K/4K放送や4K画質でのVRコンテンツ再生など、より高画質の映像出力が可能になります。なお、HDMI 2.1は、規格上は最大10K出力まで対応する予定。

HDMI Forumによると、従来のハイスピードケーブルよりもさらに電磁ノイズを減らした専用の48Gケーブルによって帯域幅の拡大を実現するとのこと。なお、コネクタ形状は従来のHDMIケーブルと同様で下位互換は保たれています。

HDMI 2.1の仕様については、すべてのHDMI 2.0のライセンシーに提供され、2017年第2四半期(4月から6月)に通知される予定。HDMI 2.1の実用化は2017年後半から2018年となり、2018年に市場に登場すると予想されています。
http://ift.tt/2iHwgJ5

続きを読む

 - 未分類 ,

×