ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

Amazonの倉庫番ロボットが24億円以上のコストカットに成功。「人間が60分から75分かかる作業を15分で」

   

IT速報 http://ift.tt/26bELfP

Amazonが導入したウェアハウス用ロボットが成果を上げていると話題。

さて、倉庫番ロボットはしっかり働いているのでしょうか?
彼らが働き出したのは2014年の後半から。ドイツ銀行グループが出した6月14日のレポートによるとこれまで商品をピックアップして梱包、出荷するところまで人間がやると60分から75分かかったのですが、同じ作業をロボットがやると15分で済むようになったそうです。

2015年第三四半期時点でAmazonには13のウェアハウスで3万台のKivaロボットが働いており、各倉庫で20%のコストカットに成功、これはKivaを導入することで面積あたりに保有できる在庫量が50%も増えたためで、その効果は1ウェアハウスあたり2200万ドル(110円換算で24.2億円)相当になるそうです。

なので、決して人間が不要になったということが書かれている訳ではありませんが、それでも発送までの時間短縮については確実に人間よりもロボットの方が効率良いことが証明されています。いずれにせよ、人間はより思考を働かせる労働に移行せざるをえないのは間違いなさそうです。
http://ift.tt/23iPtzf

続きを読む

 - 未分類 ,

×