ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

ネットのデマを信じる人ほど新聞やテレビによる「情報操作」を批判していると話題

   

IT速報 http://ift.tt/2i5j0f5
no title

米大統領選において、虚偽のニュースがネット上に拡散された。こうしたフェイクニュースを信じる人ほど、マスメディアの「情報操作」を批判していたという。

事件が起きたのは首都ワシントン郊外のピザ店「コメット・ピンポン」。4日午後、半自動小銃と拳銃で武装した男が押し入って発砲した。死傷者は出ず、男はすぐに逮捕された。首都警察によると、男はネット上のデマ「ピザゲート疑惑」を信じ、「私的捜査のために来た」と供述した。

ピザゲートは、11月8日の大統領選直前から広がったデマだ。

米報道機関や警察はピザゲートをデマと認定したが、コメットの店員は、事件から3週間近くたっても「電話やメールでの嫌がらせが絶えない」と語る。

ネットでは「オバマ政権が疑惑を隠すため、俳優を雇って偽の銃撃事件を起こし、世間の関心をそらした」といった新たなデマが広がり始めた。ツイッターで「ピザゲート」と日本語で検索すると、陰謀論を肯定する多数のアカウントが、新聞やテレビによる「情報操作」を批判している。
http://ift.tt/2i4k6rt

続きを読む

 - 未分類 ,

×